プレスリリース建設現場の非常照明検査業務の省力化に貢献 SPIDERPLUS、建築設備専用3DCAD「Rebro®2021」と機能連携強化!

2021.03.17

~ 測定箇所や設計照度等のデータ取込も可能に!タブレット1台でスムーズ作業 ~

 

スパイダープラス株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:伊藤謙自)が開発・販売する建設業・施工管理向け図面写真管理/情報共有ツール「SPIDERPLUS」は、2021年3月17日(水)より株式会社NYKシステムズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺 洋一郎)が開発・提供する建築設備専用3D CAD「Rebro®2021」(以下、Rebro®)とのデータ連携が強化したことをお知らせいたします。

測定箇所や設計照度等データ取込可能!Rebro®防火区画/スリーブにも対応

この度のデータ連携により「Rebro®」で作成した非常照明測定の位置情報や設計照度等のデータを「SPIDERPLUS」に取り込む事が可能となりました。これにより従来検査業務に不可欠であった事前準備作業が不要となり、大幅な業務効率化が見込まれます。さらにRebro®スリーブ/防火区画にも対応しており、防火区画貫通部およびスリーブの位置情報と黒板内容についてもスムーズな取り込みも可能です。

また「SPIDERPLUS」の照度測定機能では、図面の測定ポイント番号と測定結果リストの番号が紐づけられた形でExcel®のSheet別に出力する事が可能です。検査をしながら自動で測定値が入力されるので、帳票作成時間の大幅削減に繋がります。

必要なデータだけ選択アップロード、確認もスムーズに!
従来CADデータを登録する際、全てのレイアウトが登録されておりましたが、今回の連携によって事前に必要なレイアウトのみを選択・登録することが可能となりました。これによってアップロードにかかる大幅な時間削減と共に、確認もスムーズに行えるようになります。

■建設設備専用3D CAD「Rebro® (レブロ)」について
Rebro®(レブロ)は、株式会社NYKシステムズが開発・販売する建築設備専用CADシステムです。直感的な操作性で、空調・衛生・電気の各種建築設備を正確かつ詳細にモデリングでき、設備技術者の業務効率が大幅に向上します。Rebro®について詳しくは株式会社NYKシステムズのサイトよりご確認ください。

■SPIDERPLUS®︎(スパイダープラス)について
現場作業の中で抱いたふとした疑問から、たくさんの紙や持ち帰り仕事の多い現場にITの力を投入することを思い立ち、アプリ『SPIDERPLUS®︎(スパイダープラス)』を開発。2021年1月現在、日本全国800社以上で導入されています。自らも工事業者だからこそ可能な、日々の仕事をITの力でラクにするお手伝いを実現いたします。

  • 特長1:クラウドで会社や事務所メンバーと簡単に進捗・情報共有
  • 特長2:現場にもっていくのはタブレットだけ!現場と事務所の往復を大幅削減
  • 特長3:デジタル図面に写真添付、検査記録も簡単にでき多くの事務作業を現場で完結
  • 特長4:電子小黒板機能を標準装備、簡単に編集可能
  • 特長5:1クリックで記録帳票が作成可能
  • 特長6:年間最大600時間の業務効率化も可能(※導入顧客へのヒアリングにより当社推計)

スパイダープラス株式会社 マーケティング部
koho@spiderplus.co.jp

※スパイダープラス株式会社は2021年3月30日、東証マザーズに上場します。
詳しくはこちらからご覧ください。

その他のプレスリリース

お電話でもお気軽にお問い合わせください

03-6709-2835

平日 9:00~18:00

SPIDERPLUSアプリの
ダウンロードはこちら

SPIDERPLUSのアプリは無料でダウンロードいただけます。
1ヶ月無料トライアルもご用意しています。

  • iPad
    AppStoreでSPIDERPLUS
  • iPhone
    AppStoreでSPIDERPLUS

セキュリティへの取り組み

情報セキュリティへの取組みは重要な経営課題と考えます。当社は「ISO/IEC 27001:2013」に適合した情報セキュリティマネジメントシステム(以下、ISMS)を構築し、当社が取り扱うお客様の情報資産及び当社の資産の保護と、セキュリティ事故の予防、及び情報セキュリティの継続的な向上に努めます。

ISO/IEC 27001:2013 認証
※ 東京オフィスにて認証取得
ISO/IEC 27001:2013 認証
※ 東京オフィスにて認証取得