利用規約

利用規約

この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、SPIDERPLUS(以下「本サービス」といいます。)の利用者(以下「お客様」といいます。)と株式会社レゴリス(以下「レゴリス」といいます。)との間に有効に適用されます。

第1条 契約の成立

お客様は、本規約に同意した上で、レゴリス所定のフォーマットにより本サービスの利用を申請するものとし、レゴリスが申請を受理した時点で、お客様とレゴリスとの間に、本規約を内容とする本サービスの利用契約(以下「本契約」といいます。)が成立するものとします。

第2条 本サービスの利用

  1. お客様が本規約を遵守し、利用料金が支払われていることを条件として、レゴリスは、お客様に対して、本サービスの利用につき、日本国内における、譲渡及び再許諾できない、非独占的な権利を付与します。
  2. お客様は、本サービスのご利用にあたり、必要な機器、ソフトウェア及び通信手段などを、お客様の費用と責任で整備する必要があります。
  3. お客様は、ご自身の利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏えいの防止等のセキュリティ対策を講じるものとし、レゴリスは、お客様の利用環境につき一切の責任を負いません。

第3条 本サービスの追加

お客様が、ID数の追加又は各種オプション機能の増減を希望する場合は、レゴリス所定のフォーマットにより増減の申請をするものとし、レゴリスが申請を受理した時点で、ID数の追加又は各種オプション機能の増減が有効となります。

第4条 本サービスの料金

  1. お客様は、本サービスのご利用にあたり、当月末締め翌月末日振込みの条件で、「スパイダープラス申込書」の利用料金を、レゴリスの指定する銀行口座に振込み支払うものとします。なお、振込手数料はお客様の負担とします。
  2. お客様がID数の追加、各種オプション機能の追加をした場合、その増加に応じて利用料金を支払うものとします。

第5条 カスタマイズ

お客様が、本サービスのカスタマイズを希望される場合には、別途レゴリスと協議するものとします。

第6条 本サービスの解約

  1. お客様が本契約の解約を希望する場合には、解約希望日の10日前までにレゴリス所定の「SPIDERPLUS解約申込書」により申請することにより、本契約を解約することができるものとします。なお、月の途中で解約する場合であっても、お客様は、解約日の属する月の利用料金の全額を支払うものとします。
  2. お客様が本契約の解約を希望する場合には、契約月の当月解約は出来ないものとし、翌月以降の解約を受け付けます。

第7条 アカウント

  1. お客様は、本サービスを利用するため、別途指定する方法にて、ユーザ ID 及びパスワード(以下「本アカウント」といいます。)を開設するものとします。お客様は、本サービスの利用に際してユーザに関する情報を登録する場合、真実、正確かつ完全な情報を提供しなければならず、登録事項に変更があった場合、別途定める方法により当該変更事項を遅滞なく通知するものとします。
  2. お客様は、本アカウントを自己の責任において適切に管理及び保管するものとし、本アカウントをその他の者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をさせてはならないものとします。本アカウントの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任はお客様が負うものとし、レゴリスは一切の責任を負いません。
  3. お客様が自らの本アカウントを適切に維持することを怠った場合、レゴリスは、あらかじめお客様に通知することなく、お客様の本アカウントを停止又は削除し、お客様による本サービスの利用停止を含む本アカウントの不正利用の防止に必要と認める一切の措置を講じることができます。なお、この場合、レゴリスがお客様から受け取った利用料金は一切返還しないものとします。

第8条 データの利用

お客様は、本サービスの利用に伴って各種データが本サービスに保存されること及びレゴリスが自らの製品又はサービスの開発又は改善等の目的でデータにアクセスして利用することに同意します。

第9条 権利の帰属

  1. 本規約は、両当事者が別途合意する場合を除き、いかなる場合においても、レゴリス及びレゴリスのライセンサーの所有権及び知的財産権を含む一切の権利につき、お客様に対し移転し、譲渡し、又はライセンスを付与するものではありません。
  2. 「SPIDERPLUS」はレゴリスが権利を有する商標であり、お客様は、かかる商標に関する一切の標章について、いかなる権利又は使用権をも付与されていないことに同意します。

第10条 禁止行為

お客様は、本規約及びその他の書面に個別に定めるものの他、本サービスについて又はこれらを用いて、以下の各行為をしてはなりません。レゴリスは、お客様が以下の各行為を行い、または行うおそれがあると判断した場合、事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止又は中断し、又は利用を制限すること、及びその他必要と認める措置を講じることができるものとします。

  1. 本規約で認められる範囲を超えて利用すること
  2. レゴリスが提供するインターフェース及び手順以外の方法により利用すること
  3. 技術的な制限を回避して利用したり、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルを含む、解析行為を行うこと
  4. その全て又は一部の模造、複製(バックアップのためを除きます。)、改変、販売、再頒布、レンタル、リース、又は貸与をすること
  5. 本規約において別途定められている場合を除き、第三者に使用させ、又は第三者が複製できるように公開すること
  6. レゴリス又は第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー権、名誉、その他の法令上又は契約上の権利又は利益を侵害すること
  7. 害を及ぼすことを目的としたコード、ファイル、スクリプト、エージェント又はプログラム(例としてウィルス、ワーム、時限爆弾、トロイの木馬)を保存又は送信すること
  8. 本サービス又は本サービスに含まれる第三者のデータの完全性又は性能を妨害又は阻害させること
  9. レゴリスの許可なく営利目的で本サービスの提供及びサポートを行うサービスを第三者に提供すること
  10. レゴリスの許可なく営利目的で本サービスに関連する商品を第三者に提供すること
  11. 前各号の行為を直接又は間接に惹起し、又は容易にすること
  12. 本契約上の地位もしくは本契約に基づく権利義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、貸与し、委任し、移転し、又は担保に供すること
  13. その他、レゴリスが不適切と判断する行為

第11条 サービスの中断等

  1. レゴリスは、本サービスに関わるコンピューター・システムの点検又は保守作業を行う場合、お客様に事前に通知し、本サービスの全部又は一部の提供を停止又は中断し、又は利用を制限することができるものとします。
  2. レゴリスは、以下のいずれかに該当する場合には、お客様に事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止又は中断し、又は利用を制限することができるものとします。
    1. コンピューター、通信回線等の事故、不正利用や大量のデータの送信等の理由により停止した場合
    2. 地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変など乙の合理的な管理を超える事象により本サービスの運営ができなくなった場合
    3. その他、レゴリスが停止又は中断を必要と判断した場合
  3. レゴリスは、本条に基づき行った措置に基づきお客様に生じた損害について一切の責任を負いません。

第12条 お客様の責任

お客様は、お客様自身の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った一切の行為及びその結果について責任を負うものとします。

第13条 レゴリスの保証

レゴリスは、本サービスの保有する機能を提供することのみを保証するものとし、これを超えるいかなる事項(完全性、有用性、商品性、特定の動作・性能・目的適合性、第三者の知的財産権を侵害しないこと等を含むが、これらに限られない)について、一切の黙示又は明示の保証をしないものとします。

第14条 責任制限

レゴリスは、レゴリスの責に帰すべき事由によりお客様が損害を被った場合に限り、過去1か月間に本サービスの対価としてお客様が支払った金額を上限に、直接損害に限り賠償するものとし、本サービスの利用に起因する付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害については、認識や予見可能性の有無を問わず、賠償する責任を一切負わないものとします。

第15条 機密保持

本規約又はその他の書面により別途別段の定めがある場合を除き、本規約の適用期間中及び終了後も、本規約に基づいて機密情報の開示を受けた者(以下「受領当事者」といいます。)は、当該機密情報を極秘に保管するものとし、本規約の遂行に必要な範囲を超えて機密情報を利用せず、かつ、機密情報を開示した当事者(以下「開示当事者」といいます。)の事前の書面による承諾なく機密情報を第三者に開示しないものとします。ただし、レゴリスは、本条と同等の機密保持義務を負わせることを条件として、お客様の事前の書面による承諾がなくとも、本規約の遂行に必要な限りで第三者に対し機密情報を開示することができるものとします。「機密情報」とは、開示当事者が機密と指定するか、又は開示の状況に基づき機密として扱うべき情報を意味します。但し、機密情報には、①受領当事者が開示時点で既に知っているもの、②本規約又は開示当事者に対し負う他の何れかの機密保持義務に違反することなく受領当事者が知るようになったもの、及び③第三者から守秘義務を負うことなく正当に開示されたものは含まれません。本条は、いずれかの当事者が、捜査当局、行政機関又は司法機関からの合法的要請に応じることを禁止するものではありませんが、開示方法について事前に開示当事者に通知し協議することを要します。本規約の適用が終了した場合又はレゴリスが求めた場合、お客様は、レゴリスから受領した一切の機密情報を廃棄又は返却し、その旨をレゴリスに通知するものとします。

第16条 解除

レゴリスは、お客様が以下のいずれかに該当する場合には、お客様に事前に通知することなく、本契約を解除することができるものとします。この場合、お客様は全ての債務につき期限の利益を喪失し、直ちに債務全額を支払うものとします。また、支払済みの利用料金は一切返還されないものとします。

  1. 本規約に違反した時
  2. 利用料金の支払を怠ったとき
  3. 手形・小切手の不渡り処分を受け、又は債務の支払いを停止したとき
  4. 保全処分、強制執行、租税滞納処分等を受けたとき
  5. 破産、民事再生、会社更生、特定調停その他これらに類する債務整理手続を申し立て、又は申立てを受けたとき
  6. 解散事由が生じたとき

第17条 反社会的勢力の排除

  1. 各当事者は、自己又はその代表者、役員、実質的に経営権を有する者、従業員、代理人又は媒介者(以下「関係者」といいます。)が、現在、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、又は特殊知能暴力集団、これらの者と密接な関わり(資金その他の便益提供行為を含むが、これらに限られません。)を有する者、その他これらの者に準じる者のいずれにも該当しないことを表明し、かつ、将来にわたっても該当しないことを確約します。
  2. 各当事者は、自ら又はその関係者が、直接的又は間接的に、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、取引に関して、脅迫的な言動(自己又はその関係者が前項に定める者である旨を伝えることを含むが、これに限られません。)をし、又は暴力を用いる行為、風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為、その他これらに準じる行為を行わないことを確約します。
  3. 各当事者は、相手方が前2項に定める表明事項又は確約事項のいずれかに違反することが判明した場合、何らの催告を要することなく本規約を解除することができます。
  4. 各当事者は、前項の規定により本規約を解除した場合、かかる解除によって相手方に生じた損害、損失及び費用を補償する責任を負いません。

第18条 準拠法及び管轄裁判所

本規約は、日本法に従って解釈されるものとし、本規約に基づく又は関連する全ての紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第19条 本規約の変更

  1. レゴリスは、以下の場合に任意に本規約の内容を変更することができます。
    1. 本規約の変更が、お客様の一般の利益に適合するとき。
    2. 本規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき
  2. レゴリスは、前項による本規約の変更にあたり、変更後の本規約の効力発生日の30日前までに、本規約を変更する旨及び変更後の利用規約の内容とその効力発生日を当社ウェブサイト(URL:https://spider-plus.com/news/)に掲示して周知します。
  3. 変更後の本規約の効力発生日以降にお客様が本サービスを利用したときは、本規約の変更に同意したものとみなします。

以上

2018年1月11日 制定
2020年3月13日 改定
2020年3月31日 改定
2020年6月1日 改定

お電話でもお気軽にお問い合わせください

03-6709-2835

平日 9:00~18:00

SPIDERPLUS®アプリの
ダウンロードはこちら

SPIDERPLUS®のアプリは無料でダウンロードいただけます。
1ヶ月無料トライアルもご用意しています。

  • iPad
    AppStoreでSPIDERPLUS
  • iPhone
    AppStoreでSPIDERPLUS

セキュリティへの取り組み

情報セキュリティへの取組みは重要な経営課題と考えます。当社は「ISO/IEC 27001:2013」に適合した情報セキュリティマネジメントシステム(以下、ISMS)を構築し、当社が取り扱うお客様の情報資産及び当社の資産の保護と、セキュリティ事故の予防、及び情報セキュリティの継続的な向上に努めます。

ISO/IEC 27001:2013 認証
※ 東京オフィスにて認証取得
ISO/IEC 27001:2013 認証
※ 東京オフィスにて認証取得