アップデート情報電子小黒板機能が大幅アップデート! Tfas連携で通り芯データの連携が可能に

2020.07.21

Tfasで設定した通り芯情報をSPIDERPLUS®で読み込むことで
電子黒板に通り芯情報を自動で出力!

事前にPC側で、Tfas通り芯情報をファイルに出力し、SPIDERPLUS ®で「Tfas通り芯情報」を読み込むことで電子黒板内に通り芯情報が自動で出力されます。

1. Tfas上で「SPIDERPLUS® 連携ファイル出力設定」より「通り芯」にチェック
2. Tfasで出力した通り芯情報をSPIDERPLUS®️のPC版で読み込み
3. SPIDERPLUS ® アプリの黒板付き写真で通り芯を撮影

 

保存黒板の検索・履歴表示も可能になり、電子小黒板の作業時間を大幅に短縮!

アップデート後の黒板機能では、使用履歴が表示されます。
過去に作成した黒板の検索も可能になるため、工事写真撮影が大幅に短縮され業務効率化につながります。

 

建設業・メンテナンス業向け現場管理アプリ「SPIDERPLUS®」導入前の方へ

この機能はスパイダープラスの無料トライアル期間中に、お試しでご利用いただけます。まずはお気軽にお問い合わせください。

「SPIDERPLUS®」の無料トライアルお申込みはこちら

その他のアップデート情報

お電話でもお気軽にお問い合わせください

03-6709-2835

平日 9:00~18:00

SPIDERPLUS®アプリの
ダウンロードはこちら

SPIDERPLUS®のアプリは無料でダウンロードいただけます。
1ヶ月無料トライアルもご用意しています。

  • iPad
    AppStoreでSPIDERPLUS
  • iPhone
    AppStoreでSPIDERPLUS

セキュリティへの取り組み

情報セキュリティへの取組みは重要な経営課題と考えます。当社は「ISO/IEC 27001:2013」に適合した情報セキュリティマネジメントシステム(以下、ISMS)を構築し、当社が取り扱うお客様の情報資産及び当社の資産の保護と、セキュリティ事故の予防、及び情報セキュリティの継続的な向上に努めます。

ISO/IEC 27001:2013 認証
※ 東京オフィスにて認証取得
ISO/IEC 27001:2013 認証
※ 東京オフィスにて認証取得