物理媒体と電子媒体
  • 働き方

前回の記事で「法的に紙でないとダメ(後略)」といった内容を投稿しました。

その後、「そういえば、まさにそんな施設があったなあ」と、思い至った場所があります。

「国立国会図書館」です。

うろ覚えでしたが、全ての蔵書はこの図書館に納本されています。物理媒体の行き着く先、といったイメージです。

少し調べてみたところ、大体世に出回っている(商業的に流通していない場合も含めて)8割方の本は納本されているそうです。※雑誌やゲームのDVD,などもあたるそうです。

 

さて、「蔵書を電子化とかしないのかな、、、」と、今回思ったわけですが。

資料的に価値がある。
が、経年劣化などで一般には閲覧許可の出せないものについては、電子化という形をとっているそうです。

「どの点に価値を置くか」という視点だと、蔵書などはやはり「物理」的な価値もあるわけですね。

単純に100年前の紙です!と言われただけでも、残っているのはすごいなとおもいます。

逆に、日々刷新されて「最新である」という点を重視する媒体は、「電子化」して管理できるのではないか、もしくは導入しやすいのではないかと、調べていて感じました。

「図面」とかまさにこれですね。

 

SPIDERPLUS®は、「図面管理」という分野で、より使いやすく、管理しやすいようにバージョンアップを重ねていきますので、よろしくお願いします。

その他働き方の記事

お電話でもお気軽にお問い合わせください

03-6709-2835

平日 9:00~18:00

SPIDERPLUS®アプリの
ダウンロードはこちら

SPIDERPLUS®のアプリは無料でダウンロードいただけます。
1ヶ月無料トライアルもご用意しています。

  • iPad
    AppStoreでSPIDERPLUS
  • iPhone
    AppStoreでSPIDERPLUS

セキュリティへの取り組み

情報セキュリティへの取組みは重要な経営課題と考えます。当社は「ISO/IEC 27001:2013」に適合した情報セキュリティマネジメントシステム(以下、ISMS)を構築し、当社が取り扱うお客様の情報資産及び当社の資産の保護と、セキュリティ事故の予防、及び情報セキュリティの継続的な向上に努めます。

ISO/IEC 27001:2013 認証
※ 東京オフィスにて認証取得
ISO/IEC 27001:2013 認証
※ 東京オフィスにて認証取得