iOSアプリの配布方法
  • 業界市場動向

こんにちは。開発の稲垣です。

今回は、iOSアプリの配布方法について話したいと思います。

弊社の図面管理・情報共有システムのiPadアプリ「SPIDERPLUS®」は、AppleのApp Storeで配信されていますが、iOSアプリの配布は必ずしもApp Storeを通さなければいけないわけではありません。

一般ユーザーに向けて配信する為には基本的にApp Storeを通す必要がありますが、それ以外にもAdHoc(アドホック)、Enterprise Program(企業向け)などの配布方法があります。

セキュリティーの問題で社内使用のデバイスにApp Store経由のアプリを入れられないようにしている企業では、Enterprise Programに加入することで、直接アプリの配信を社内だけで
行う事が可能になります。

「SPIDERPLUS®」もEnterprise Programに対応することは
可能ですので、お気軽にご相談ください。

その他業界市場動向の記事

お電話でもお気軽にお問い合わせください

03-6709-2835

平日 9:00~18:00

SPIDERPLUS®アプリの
ダウンロードはこちら

SPIDERPLUS®のアプリは無料でダウンロードいただけます。
1ヶ月無料トライアルもご用意しています。

  • iPad
    AppStoreでSPIDERPLUS
  • iPhone
    AppStoreでSPIDERPLUS

セキュリティへの取り組み

情報セキュリティへの取組みは重要な経営課題と考えます。当社は「ISO/IEC 27001:2013」に適合した情報セキュリティマネジメントシステム(以下、ISMS)を構築し、当社が取り扱うお客様の情報資産及び当社の資産の保護と、セキュリティ事故の予防、及び情報セキュリティの継続的な向上に努めます。

ISO/IEC 27001:2013 認証
※ 東京オフィスにて認証取得
ISO/IEC 27001:2013 認証
※ 東京オフィスにて認証取得